スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補助なし自転車の練習 

今日は近くの公園で、S太の自転車の補助を取って練習をしました。

S太は、自転車の補助を付けた状態で真直ぐ走るときに補助の両輪が浮くようになっていました。
パパは、そろそろ補助が無くてもバランスがとれていると思っていたので今日自転車の補助を外すことにしました。

補助を外した状態で、パパが出だしだけ倒れないように支えて勢いを付けてあげれば最初から真直ぐ走ることが出来ました。

今日は、補助なし状態のバランスに慣れれば良いと思っていたので出だしはパパが支え&押してあげて一杯乗るようにしました。

2時間くらいしたら結構普通に乗れるようになりました。
楽しそうに公園の中をグルグル回っていました。

でも、出だしはたまに一人でこぎ出せるって感じでマダマダです。

S太は、パパの予想よりも上達が早かったです。



片手でつかまり立ちが出来るよ~ 

最近K太のつかまり立ちがだいぶ安定してきたな~って思っていたら、今日おもちゃの携帯電話を持ちながら片手でソファーにつかまり立っていました。

8月にハイハイとつかまり立ちが出来るようになってからは、順調に上達しています。



Hib(ヒブ)ワクチン 1回目 

この間病院から、予約していたHib(ヒブ)ワクチンが入荷したと連絡があったので今日1回目のHib(ヒブ)ワクチンの接種に行ってきました。

Hib(ヒブ)ワクチンは、細菌性髄膜炎の主な原因と言われているインフルエンザb型菌(略してHib)に対する予防ワクチンです。

K太は、注射されるまでニコニコしていて注射の瞬間「ギャ~」っと絶叫してすぐに泣き止んじゃいました。

1回の料金は、7000円でした。

あと2回接種が必要だそうです。




おたふく風邪 その後2 

S太の顔の腫れがひいたので、今日病院へ行って来ました。

診察の結果、月曜日からの登園許可が出ました。

■おたふく風邪の経過
14日夜: 発熱&左耳下の腫れ
15日 : 病院へ おたふく風邪と診断
16日 : 嘔吐 病院へ 脱水症と診断
17日 : 熱が下がる&右耳下の痛みあり(ほとんど腫れ無し)
19日 : 腫れがひく 病院へ 登園許可が出る




おたふく風邪 その後1 

朝、S太が嘔吐しました。

顔色も血色が無くて、元気がありません。
熱は、37.5度でした。

昨日診察のときに、お医者さんから頭痛と嘔吐があったら髄膜炎の疑いがあるから、すぐに病院に来てと言われていたのでママがS太を病院に連れて行きました。

病院では、念のためレントゲンや血液検査などを行いました。

検査にS太一人で行っている姿を見てママは、成長したなぁ~って感じたそうです。
看護婦さんからも、脱水状態で血管が出なかったので血液検査で2回もやり直したけど泣かずに頑張って偉かったですよって言われました。

診断の結果、おたふく風邪の熱の影響で脱水症状になっていると言われました。
(夜にも何回か水分補給したのにねぇ..)
髄膜炎じゃなくて良かったです。

S太は、点滴が終わったらすっかり元気になっちゃいました。

家に帰ってきても、37.5度の熱があるのに元気で遊んでいました。
顔の腫れは昨日とあまり変わらない感じで左側だけです。





おたふく風邪になっちゃった 

今日、S太がおたふく風邪になっちゃいました。

昨日の夕方から、S太が左側の耳の下の辺りが痛いと言っていたのでもしかしたら おたふく風邪かもってママと話していました。

その後、夜になって熱が38.7度あり左の耳の下が腫れて痛いって泣いて起きました。
おでこと、腫れたところに「ひえピタ」を貼ってちょっと痛みが弱くなったみたいで少し落ち着きました。

その後も夜中に何度か起きました。

今日朝熱を測ると、37.8度でした。
さっそく病院に電話で確認したら、普通に来院してくださいとのことでママが病院に連れて行きました。

K太とパパはお留守番です。

診断の結果は、おたふく風邪でした。
とりあえず、今週1週間は幼稚園を休むことになりました。
木曜日に再度診察に行きます。

K太は、まだ7ヶ月,パパもおたふく風邪にかかったことが無いのでうつる可能性が・・

今夜のS太は、薬が効いているみたいで耳の下が痛くないみたいでおとなしく寝ています。




歯が生えました 

今日、K太の口の中を見たら下の左前歯が生えていました。 (6ヶ月と22日)

最近、おもちゃを口に入れて「キュッキュ キュッキュ」左右に動かしていたのでもうすぐ歯が生えるのかな~って思っていたところでした。

最近は、ママが作る離乳食をおいしそうに食べています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。